Everybody, Everywhere, Everytime, Enjoy Music!

プロジェクト

  • HOME »
  • プロジェクト

ブラームスホールでは様々な音楽・文化自主プロジェクトを企画・立案してまいりました。

●教育事業

  未来のピアニスト育成事業「ジャパンピアノコンペティション」

ジャパンピアノコンペティションジャパンピアノコンペティション ジャパンピアノコンペティション ジャパンピアノコンペティション

ジャパンピアノコンペティション は、「ハンガリー子どものためのバルトーク国際ピアノコンクール」と提携、『未来のピアニスト』を育てることを目的に、2016年より開催しています。
審査員にピアニスト金子三勇士氏を招聘。2017年11月には第一回目となるハンガリーへの派遣が行われます。

>>>オフィシャルサイト http://jfpp.jp/

●ソングプロジェクト

  東北支援事業「東北へ歌いにいこう!」

  オペラ普及事業「オペラワークス」

  地域活性化事業「なぎさdeコンサート」

びわ湖大津秋の音楽祭の関連事業として、2018年から開催しているコンサートです。
「音楽の力・歌の力で、人・街を元気に!」 滋賀・大津の街を合唱で盛り上げたい。そんな想いから始まりました。
2018年は、3つの合唱団による単独ステージと、第九ソリストによるスペシャルステージ、そして一般公募による150人の大合唱「なぎさの第九」ステージを行いました。

>>>なぎさdeコンサートホームページ https://nagisa-de-concert0908.amebaownd.com/

  おぺらくご

おぺらくごおぺらくご おぺらくご おぺらくご

オペラと上方落語が出会います
出演者は僅か7人。桂米團治と弦楽四重奏、そして歌い手が二人。
3時間のオペラをわずか30分で落語の世界に!
モーツァルトのオペラの中でも人気の高い「フィガロの結婚」。
2011年3月、初お披露目の「ドン・ジョヴァンニ」。
原曲の筋書きを上方の言葉とシチュエーションに置き換えて、五代目桂米團治が見事に落語の世界にトランスレートします。
落語家からみた一味違うモーツァルトの世界を、オペラ好きな方も落語好きな方もどうぞご笑覧ください。抱腹絶倒間違い無しの舞台です。
(写真)
出演:桂米團治、崔文洙弦楽四重奏団、日紫喜恵美(ソプラノ)、竹田昌弘(テノール)
コレド室町オープン記念公演「「おぺらくご」〜ドン・ジョヴァンニ〜」 2011年3月5日 於:コレド室町 日本橋三井ホール

>>桂米團治さんインタビュー 若旦那に訊く 春秋座と「おぺらくご」(京都芸術劇場春秋座) 

●音楽CSR活動

  平和堂財団の音楽事業の企画・運営

●国際交流事業

「能楽」など日本文化を海外に発信、国際交流を推進する事業にも取り組んでおります。2011年3月には観世流シテ方能楽師、京都花習塾(片山伸吾代表)総勢24名によるアメリカツアーを実施(『平成22年度文化庁国際芸術交流支援事業』)。その後も、金春流シテ方能楽師、山井綱雄氏らによる公演を2012年5月カナダ、2013年5月北米、2014年4月カナダと実施。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人ブラームスホール協会 All Rights Reserved.